Rock Show!

  • 2014.10.27 Monday
  • 10:28

水道周りやトイレの手洗い部分によく見かける青っぽい汚れ?サビ?
なんだこれ???



これ、「緑青(ろくしょう)」と言います。
銅が酸化して付く青緑色のサビ、、、というのがコイツの正体。


耐水ペーパーやアルミのたわし、金タワシをつかってゴシゴシやったり、研磨剤で磨くと落とす事はできるのですが、ステンレスの素材そのものを傷つけてしまう恐れもあります。

研磨剤も使わず、パッドも一切傷のつかないものを使用し、優秀なリムーバーを使って施工すると、、、



ジャーーーン。
きれいになりました!

ちょっと時間はかかりますが、一切傷を付けず、手作業できれいに落とします!


新潟市内であればどこでもお伺いします!
市外の方は要相談です。


見積・相談は無料ですので、お気軽にご連絡下さい。

現場に出ている事が多いので、携帯に連絡いただけると助かります。
080-3197-0783




にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村 

毎年の、あれ。

  • 2012.11.16 Friday
  • 14:27
 
あっという間に冬ですね。
今年はとりわけ暑さが長引いたためか、秋がなかったかのようですが、、、。


そして、今年もこの季節がやってきました.


「大掃除」



そろそろ始めてみませんか?



毎年の事ですが、まずは計画を立てることをお勧めします。

かんたんな家の見取り図を用意して、窓の位置・ガラスの枚数を把握します。
それを持って、汚れている部分や切れそうな電球などを書き込みながらチェックしていきます。

だいたいどのくらい時間がかかるのか、窓ひと枠でも事前にやってみるといいかもしれませんね。


換気扇については、一度に終わらせようとしないで、「今日はフィルター1枚」でもOKかと思います。
私は野菜を茹でたお湯なんかを利用してますよ。
夏は枝豆やトウモロコシを茹でる機会が多かったので、、、。

5年以上放置したシロッコファンはなかなか手強いかと思います。
「掃除屋さんに頼んでみる」という手ももちろんいい方法です。
2時間程できれいになりますよ。

金額的にはまちまちですが、S.Oサービスでは6,000円/1時間(2名でお伺いします)ですので12,000円〜15,000円くらいといったところでしょうか。



今年も「大掃除」、がんばりましょー。

鏡のウロコ!!

  • 2011.05.12 Thursday
  • 13:15


↑白く曇った鏡。
鱗状に白く汚れた鏡。


これ、水道水に含まれるカルシウムだったりせっけんカスだったりが、時間をかけてガッツリこびりついた「鱗状痕」というもの。

これを一般家庭で落とそうとなると、ちょっと一苦労。


性質上重曹では落とすことができません。
使うのは「酸」。

お酢やクエン酸液(クエン酸を水で溶かしたもの)を塗り、乾かないようにラップでシップします。
30分程置いて、ナイロンたわしやメラミンスポンジで擦る、、、、これを繰り返してだんだん薄くはなっていく(はず)ですが、、、。

目の細かいヤスリや、市販されているウロコおとし「ダイヤモンドパッド」を使うという手もありますが、使用方法を間違うと傷が入ってしまうので要注意です!



S.Oサービスで使用するのはミネラルで落とす洗浄剤。
上の写真は、先日クリーニングした退去後の浴室です。
鏡が真っ白になっていたのですが、ご覧の通りです。右半分はすっきりきれいに落ちました!


ミネラルが主ですので、臭いもありませんし、小さなお子様がいても安心な成分です。
また、鏡だけでなく、蛇口やタイル、ガラスにも施工できます。





こちらはステンレスに使用してみました。
上が施工前、下が施工後です。
ウッディの写り具合、確かめてください!


白いウロコが気になる方、ぜひ一度お試し下さい。


料金は、¥3,000(40cm×40cm)です。
浴室一式で¥12,000(ウロコ取りナシ)〜となっておりますので、合わせてご利用下さい。



S.Oサービスは必ずお見積もりにお伺いして、お客様の汚れに応じたクリーニング代金を提示致します。納得いただいた上でのクリーニングをお約束致します。





換気扇のおおそうじ(ファン)

  • 2010.12.12 Sunday
  • 15:12
 
大掃除の季節にいつも頭を悩ませる「換気扇」。

一番汚れる場所なんですけど、なかなか掃除が大変なところ。
換気扇のおそうじを楽にするためにフィルターを付けたりしている方も多いかと思いますが、このフィルターもこまめに替えてあげないと、全く悪循環になってしまうのですよ。

フィルターの細かいスキマに油が詰まり、換気扇は回っているけれどもほとんど吸い込まない・・・という事態も。
吸い込まれない油は、結局回りに付着しベタベタ汚れになってしまうのです。


掃除屋としては「換気扇にフィルターを着けず、定期的なおそうじ」をすることをお勧めします。


さて、今回は掃除屋さんの「しっかり換気扇掃除」です。
ファン部分だけではなく、外に通じるハネ部分もきれいにしましょう。

b全体図

まずは掃除前↑。
4ヶ月程放置しておりました。
全体的に油汚れで黄色がかっているのがわかりますか?

bフード

bファン

まずはフード部分を外し、細かいパーツをすべて外して行きます。

ねじはまとめて排水口ネット等に入れておきます。

コンセントやコネクター等電気を通す部分はビニール等で養生しておきます。

洗える部分はすべて洗うのですが、このとき熱めのお湯(60℃)に洗剤を溶かし、そこに漬け込んでおくとすんなり落ちてくれます。
衣装ケース等の大きめのハコがあればよいのですが、ない場合は段ボール箱(下の角を一カ所切り取っておくと排水のとき便利です)にゴミ袋をかけて代用します。


浸けている間にフード部分を洗い、拭き上げます。

bファン2

ハネの部分です。
固まった油はこそげ落とし、洗剤溶液につけ込みます。

各パーツを洗い、洗剤を流して拭き上げます。

外した通りに、組み立てて行きます。

aファン

ハネと本体を組み立て、取り付け。

aファン2

ファンを取り付け。

a全体図

最初の写真と比べるとわかりやすいかな。
さっぱりきれいになりました。


フィルターやファンの掃除だけなら各ご家庭でも簡単かとおもいますが、ここまでの大掃除となるとちょっと大変かも・・・。
洗剤も、家庭用では限界がありますしね。

というわけで、ここはプロにお任せしてさくっと2時間できれいにしてしまうのも一つの手かも。

S.Oサービスでは換気扇のおそうじも承っております。
目安として15,000円なのですが、必ず一度お見積もりにお伺いしております。

見積は無料ですので、お気軽にお電話下さい。

025−231−7172
(オノヅカ)


profile

ブログ村

ランキングに参加しております。 読んだよのサインでポチッとお願いします! にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村

さかいわ珈琲

いつもおいしい珈琲をありがとう。 http://sakaiwa.exblog.jp

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

mobile

qrcode

recommend

暮らしのクエン酸 330g
暮らしのクエン酸 330g (JUGEMレビュー »)

じんわりゆっくりな効き目ですが確実に効きます。
水あかにはこれ!

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM